カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810536
FAQカテゴリ(大) C-SPYデバッガ
最終更新日 2016-01-26

質問内容

TN14806: ETM の トレーススタート/ストップブレークポイント

回答内容

ターゲット:ARM
コンポーネント:デバッガ
公開日:2013年9月9日午前8時34分

 

概要
トレース スタート/ストップブレークポイントは、ETM/ETBトレースのみに適用されます 。SWOは対象外です。

 

プローブと ETM/ETB
トレース スタート/ストップブレークポイントは、以下の組み合わせで使用できます。

1. JTAGjet-Trace (ターゲットCPUが ETM か ETB トレースをサポートしていること)
2. I-jet (ターゲットCPUが ETB トレースをサポートしていること)
3. J-Trace (ターゲットCPUが ETM か ETB トレースをサポートしていること)
4. J-Link (ターゲットCPUがETB トレースをサポートしていること)
5. CMSIS-DAP (ターゲットCPUが ETB トレースをサポートしていること)

 

注意
ARM用 IAR Embedded Workbench バージョン 6.60 バージョン 6.60 では、意味の分からない "User error: Breakpoint type is only available when using J-Trace" のエラーが出ることがあります。 実際には、上の 3. または 4. を使用していない時のみ意味があります。エラーメッセージは、バージョン6.60より新しいリリースで改善されました。

 

すべての製品名は、各社の商標または登録商標です。

参考資料URL