カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810566
FAQカテゴリ(大) リンカ
最終更新日 2016-01-31

質問内容

TN71483: 絶対番地に実装するチェックサム付ライブラリの作成

回答内容

ターゲット:ARM
コンポーネント:リンカ
公開日:2013年9月17日11時16分

 

概要
このテクニカルノートは、「絶対番地に実装する、チェックサムを使用した整合性チェック付ライブラリ(関数とデータ)」を作成する方法を説明します。

 

適用
このテクニカルノートでは、ARM用のIAR Embedded Workbenchのに適用されます。また、Cortex-Mコアに焦点を当てています。

 

背景
ライブラリは、アプリケーションとは別に検証、認証し、後でアプリケーションから使用することができます。ライブラリは、Embedded Workbench の別のプロジェクトとしてコンパイルしリンクします。

出力は通常のELF (またはヘキサ)ファイルで、エキスポートされたシンボルを含みます。シンボルは、isymexport ツールを使用してエキスポートします。 isymexportの使い方は、C/C++開発ガイドの IAR Absolute Symbol Exporter - isymexport の章をご参照ください。 

 

解決策
PDFドキュメントの Creating an absolutely placed library と、サンプルプロジェクト Example project (IAR Embedded Workbench for ARM 6.30.7) 2.zip を参照してください。

 

すべての製品名は、各社の商標または登録商標です。

参考資料URL