カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810600
FAQカテゴリ(大) ライセンス/インストールなど
最終更新日 2015-12-20

質問内容

TN62867: 古いバージョンでドングルを使う

回答内容

EWのターゲット : 全て
EWのコンポーネント : LMS / Copy Protection
キーワード : ドングル, ドライバー, LMS, Sentinel
更新日 : April 2, 2013

このテクニカルノートは Safenet SuperPro (a.k.a. Sentinel, Rainbow) ハードウェアロックに適用されます。
ドングルには2つ種類があります。
• パラレルポートに接続する、黄色 (古いものは灰色)の PP ドングル
• USBポートに接続する、黒 (古いものは黄色) の USBドングル

ドングルがうまく動作しない場合は、以下を試してみてください。
• (A) -- ドライバをインストール、アップデートまたは修復する
• (B) -- 最新バージョンの IAR License Manager をインストール

まれに A または Bを超えたところに問題が潜んでいることがあります。
• (C) -- Medic をダウンロードして実行します。

PP (パラレルポート) ドングルの場合
• (D) -- パラレルポートの設定のチェック
• (E) -- パラレルポートそのもののチェック

USB ドングルの場合
• (F) -- ドライバの設定を変更する
• (G) -- ドライバを取り除き、追加する
• (H) -- PP ドングルドライバを取り除く
• (I) -- USB dongle がまだ認識されない

その他
• (J) -- IAR に相談する

 

A -- ドライバをインストール、アップデートまたは修復する
ドライバのインストーラをダウンロードし、起動します。2つの異なるバージョンのドライバをダウンロードすることができることに注意してください。これらは、
• (IARでテスト済みの) 最新版のドライバは (このページの下の) Driver (tested by IAR) Installer リンクからダウンロードできます。
• (SafeNet の) 最新版のドライバは (このページの下の) Driver (most recent Sentinel) Installer リンクからダウンロードできます。

IAR ライセンスサーバーが稼働している PC で、ドライバをインストールする場合、インストール終了後、サーバーアプリケーションのリスタートまたは、PC自体のリブートが必要になることに注意してください。

インストールがうまくいかない場合や、ドライバの入手が難しい場合、 IARに問い合わせてください。その際、ご使用になっている製品名、バージョン、ライセンスまたはシリアル番号をお知らせください。

背景
製品とバージョン、PCのオペレーティングシステムのバージョンと構成により、ドライバが必要になる場合とならない場合があります。例えば、Windows NT/2000/XP の場合常にドライバが必要ですが、さらに古い Windows 95の場合ドライバが必要だったり必要なかったりします。どの場合でも、ドライバをインストールしてしまってかまいません。要求されてもされなくても試みてください。

構成ツールを使用する
以下のフォルダにある Driver Configuration Utility を使用してインストールしたドライバーの構成を行います。

... version 7.x.x, 64-bit windows
C:\Program Files (x86)\Common Files\SafeNet Sentinel\Sentinel System Driver\SetupSysDriver.exe

... version 7.x.x
C:\Program Files\Common Files\SafeNet Sentinel\Sentinel System Driver\SetupSysDriver.exe

... version 5.x.x
C:\Program Files\Rainbow Technologies\Sentinel System Driver\SetupSysDriver.exe

Windows NT/2000/XP を使用している場合、このプログラムで NTパラレルドライバをスタートしたりストップしたりできます。

 

B. 最新バージョンの IAR ライセンスマネージャーをインストール
古い IAR の製品と新しいユーティリティを組み合わせて使用すると、いくつか問題が生じます。最新の IAR ライセンスマネージャーを Tech Note 14255 (このページの下のリンク) からインストールします。

 

C. ドングルテスト・ユーティリティをダウンロードし、起動
ドングルをテストするユーティリティがあります。

バージョン 5.41.1 とそれ以降のドングルドライバには、SuperProMedic を使用してください。 (バージョン 5.41 以前の場合は SentinelMedic を使用します。SentinelMedic は 64 ビット OS では動作しないことに注意してください)

SuperProMedic は このページの SuperProMedic のリンクからダウンロードすることができます。 (古い SentinelMedic は、このページの SentinelMedic のリンクからダウンロードすることができます。

Medic をダウンロードすることにより得られる情報の概要は以下の通りです。

• システムドライバの情報
インストールされたシステムドライバ、またはシステムドライバと通信を行おうとした時に発生したエラーを表示します。
もし、このウィンドウでドライバのバージョン番号が見えない場合は、インストールされたドライバがおかしいという強いメッセージてあることに注意してください。
バージョン 7.5.2 を再インストールする前に ステップ F に進み、全てのドライバがアンインストールされていることを確認してください。

• Error/Status と説明
ここは、キーを探した時のエラー/状態を表示します。 Medic は、表示されたエラー/状態の簡単な説明を表示します。

• Medic Says ボタン
このボタンをクリックすると Medicから、勧告・対策があれば表示されます。

 

D. パラレルポートの設定のチェック (PP dongle)
以下を試してください。
• ノートPCの場合、電源を接続し、ドッキングステーションは使用しないでください。
• OS および/または BIOS の省電力機能をオフにしてください。
• セットアッププログラムの、ドライバーのパラレルポートの設定は、BIOSのそれと同じになるようにします。これでうまくいかない場合は、BIOS の設定を変更してください。 パラレルポートが [Auto] に設定されいる場合、[Enabled]に変更してください (この変更は多くの問題を解決します) 。

パラレルポートのモードを「可能な限り低い」もの、例えば uni-directional, standard, AT-Compatible または同等のものに変更し、ドライバの設定と同じにします。

*セットアッププログラムの置かれる場所と名前はオペレーティングシステムとドライバーのバージョンにより異なります。例えば、

• ドライバーのバージョン 7.x.x
C:\Program Files\Common Files\SafeNet Sentinel\Sentinel System Driver\SetupSysDriver.exe

• ドライバーのバージョン 5.39.2 と 5.41.1
C:\Program Files\Rainbow Technologies\Sentinel System Driver\SetupSysDriver.exe

• ドライバーのバージョン 5.39.1 と それ以前
Windows NT/2000/XP:
C:\Program Files\Common Files\IAR Systems\License\SDongle\WIN_NT\Setupx86.exe
Windows 95/98/ME:
C:\Program Files\Common Files\IAR Systems\License\SDongle\WIN_9X\Sentw9x.exe

 

E. パラレルポートそのもののチェック (PP ドングル)
以下を試してください。
• パラレルポートそのものが動作しているかどうか確認します (例えば、 プリンタを接続して印刷してみる)。
• さらに、パラレルポート上の単独のデバイスとしての動作と、裏側にプリンタを接続した状態での動作を確認します。
• ハードウェアロックシステムは、パラレルポートの基本的な技術的な標準に合っていなければなりません。例えば、ポートは双方向 (読み書きが可能) でなくてはなりません。ノートPCでは、この要求を満たさないことがあります。さらに、ポートのいくつかのピンは、一定の電圧レベルを供給することができなくてはなりません。プリンターのような機器をハードウェアロックの後ろに接続すると、この電圧を降下させることがあり、その場合、ハードウェアロックは動作しません。簡単な解決策は、二番目のパラレルポートを追加することです。これらは安いですが、広いマージンをで技術的要求を満たしています。

 

F. ドライバの設定を変更する (USB ドングル)
(このアドバイスは、Windows 98 (セカンドエディション) では、有益ではありません。

Windows NT/2000/XPの場合、NTパラレルポートドライバを停止することもできます。これは、以下の場所にある、SetupSysDriver.exe プログラムを実行し、

... バージョン 7.x.x
C:\Program Files\Common Files\SafeNet Sentinel\Sentinel System Driver\
... バージョン 5.x.x
C:\Program Files\Rainbow Technologies\Sentinel System Driver\

Stop NT parallel driver ボタンをクリックします。

 

G. アドレスドライバを削除する (USB ドングル)
上記 F が効果がない場合で、ドングルは C で検出された場合、以下を試してください。
USB ドングルを外します
• 全てのIAR のアプリケーション、例えば Embedded Workbench や IAR License Manager を閉じます。
• スタートメニュー > コントロールパネル > プログラムと機能を選択し、このアイコンをダブルクリックし、インストールされているプログラムの一覧を表示して確認します。
• 「Sentinel Protection installer 7.5.2」 をクリックします。
• 削除します。
• 「プログラムと機能」に複数の行がある場合、全ての行を削除します。
•  SuperPro System より、最新のインストーラをダウンロードします。
• 「バージョン 7.5.2」をインストールします。
• USB ドングルを接続します (ウィンドウズはこれで USB ドングルを正しく認識します)
• 上記 F をもう一度実施する必要があるかも知れません。

 

H. PP ドングルドライバを削除 (USB dongle)
F
G (と、再び F) でうまく行かなかった場合で C でドングルが検出されている時は、以下を試してください。
PP ドングルドライバをアンインストールしても良い、すなわちこれからはUSBドングルを使用する場合、進めてください。
USB ドングルを再度取り外します。
• スタートメニュー > コントロールパネル > プログラムと機能を選択し、このアイコンをダブルクリックし、インストールされているプログラムの一覧を表示して確認します。
• 「Sentinel Protection installer 7.5.2」 をクリックします。
• 「修正」を選択します。
• その後、使用するドライバを選択することのできる画面が表示されるまで 「Yes」または「Next」わクリックして進めます。
• 「ディスク」のアイコンをクリックして、 Parallel System Driver、ドロップダウンメニューが表示されます。
• メニューで 「This feature will not be available」を選択します。
• アプリケーションのインストールが終了するまで「Next」ボタンをクリックし続けます。
• USB ドングルを挿入します。
以降、ドングルドライバは USB ポートにあるドングルのみサーチするようになり、パラレルポートのドングルはサーチしません。

 

I. USB ドングルがまだ認識されない
もし USB ドングルがまだ、ウィンドウズのデバイスマネージャーの中で「不明なデバイス」と表示されている場合、Tech Note 67644 の指示に従ってください。

 

J. IAR に連絡する
これ以上のサポートが必要な場合は、IARに連絡してください。
その際、お持ちの製品名、バージョン、ライセンス/シリアル番号をお知らせください。

 

リンク

Driver (tested by IAR) Installer v.7.5.2
(EXE, 2 MB)

Driver (most recent Sentinel) Installer 7.6.3
(ZIP, 6 MB)

Download SuperProMedic v.6.3 (driver v.5.41.1 + )
(EXE, 574 KB)

Download SentinelMedic v.2.3 (before v.5.41.1)
(EXE, 1566 KB)

SafeNet Downloads (& Support) for
(Sentinel/Rainbow/SafeNet) SuperPro dongles.

SafeNet Knowledge Data Base for
(Sentinel/Rainbow/SafeNet) SuperPro dongles.


関連するテクニカルノート

Technical note 14255
IAR License Manager (LMS1)

Technical note 40856
"Driver access is not supported for this OS and Client lib"

Technical note 59631
Dongle driver install - "This installation package could not be opened..."

Technical note 64346
IAR Embedded Workbench running on 'Windows 7' and/or 64-bit

Technical note 67644
USB device (dongle/JTAG) related to EW-product do not respond

Technical note 71017
Copy protection problems when using Windows Vista (modern IAR product)

Technical note 73500
License Manager detects my USB-dongle, but compiling fails with an error message

Technical note 87391
Installation (Windows Vista or Windows 7) fails due to missing .dll files

Technical note 90341
Problems installing new version

Technical note 91786
IAR License Server (LMS1)

 

参考資料URL