カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810611
FAQカテゴリ(大) 便利な使い方
最終更新日 2014-01-12

質問内容

TN63639: ClearCase 7.1を使用中に IAR Embedded Workbench IDE がクラッシュする

回答内容

EWのターゲット : 全て
EWのコンポーネント : 全般
キーワード : SCC
更新日 : April 25, 2013

 

問題
IAR Embedded Workbench IDE を ClearCase 7.1と接続して使用すると、保護違反でクラッシュする。

 

注意
IARでは、2013年 4月にバージョン 7.1のみに発生することをリポート済みです。ClearCase version 7.2 IAR Embedded Workbenchと一緒に動作させていると言う、カスタマ・リポートを受けています。

 

解決策
デフォルトの SCC® プロバイダーをセットするレジストリ・キーを削除するとクラッシュしなくなります。ワークアラウンドは簡単で、このエントリを削除します。

(Windows XPを使用している場合)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\SourceCodeControlProvider\InstalledSCCProviders
の中

(Windows 7 を使用している場合)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\SourceCodeControlProvider\InstalledSCCProviders

 

ドローバック
もちろん、これで、ClearCase® リビジョン・コントロールを IDE と使用することができなくなります。


背景
IAR Embedded Workbench for ARM 6.10.x 以降のバージョンでは、IDEが、スタートアップ時にレジストリの SCCプロバイダーを探します。  (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\SourceCodeControlProvider\InstalledSCCProviders にリストされているもの). 見つかったプロバイダーは、使用する/しないにかかわらずロードします。もし、どれかロードに失敗すると、エラーログが表示されます。ClearCase のリビジョン・コントロールシステムと連動して、何か致命的なものがあると IDE もクラッシュします。

 

IAR Embedded Workbench for ARM version 6.20 から
IAR Embedded Workbench for ARM version 6.20 から、少し違った扱いになります。
ユーザがプロジェクトを、
Project>Source Code Control>Connect Project to SCC Project...
コマンドで、明示的に SCCプロジェクトに接続したい時のみ、レジストリをスキャンします。

この問題の根本原因はまだ解決していませんが、ClearCaseリビジョン・コントロールシステムをインストールしているIAR Embedded Workbenc for ARM ユーザーは、プロジェクトをSCCプロジェクトを接続しようといない限りこの問題は生じません。

 

関連するテクニカルノート
Technical note 30340

Crash of IAR Embedded Workbench IDE when using Enovia DesignSync V6R2012

Technical note 43256
Troubleshooting integration with 'SCC' version control system

 

全ての製品の名前は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

参考資料URL