カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810883
FAQカテゴリ(大) C-SPYデバッガ
最終更新日 2015-12-23

質問内容

TN62015: デバッグ情報と最適化レベル「高」

回答内容

ターゲット:  ARM 
コンポーネント  デバッガ
公開  2010/11/18 14:42 

 

概要
このテクニカルノートは 、最適化レベルが「高」の時、C-SPY のどの情報が信頼できるか(そして信頼できないか) を説明します。

 

背景
IAR C /C++ コンパイラは、小さいコードを作成しようとする部分と速いコードを作成しようとする部分により構成されます。これらの部分が有効になると、デバッグ情報の信頼度が下がって来ます。

 

信頼できる情報は...
... ターゲットシステムから収集した情報を表示するC-SPY ウィンドウから得られます。たとえば次のウィンドウ、

* [逆アセンブリ] ウィンドウ
* [メモリ ]ウィンドウ
* [レジスタ] ウィンドウ
* [スタック] ウィンドウ
* [コールスタック] ウィンドウ

 

(ほとんどの場合) 信頼できる情報
これらのウィンドウはほとんどの場合信頼性できますが、書き込みが最適化のため移動しているかもしれません。つまり、値の書き込みがまだ行われていない可能性があります。これは、たとえば次のウィンドウに適用されます。

* [静的変数]ウィンドウ
* [シンボルメモリ] ウィンドウ
* [シンボル] ウィンドウ

 

信頼性の低い情報
デバッグ情報に基づくC-SPY ウィンドウの情報は信用できません。たとえば次のウィンドウ、

* [ウォッチ] ウインドウ
* [ローカル] ウィンドウ
* [自動] ウィンドウ
* [ライブウォッチ] ウインドウ
* [クイックウォッチ] ウインドウ

 

追加の情報
詳細は、ヘルプメニュー > C-SPY デバッグガイド、「最適化の影響」の章、
ヘルプメニュー > C/C++ 開発ガイド「最適化レベル」の章をご参照ください。

 

全ての製品の名前は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

参考資料URL