カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810914
FAQカテゴリ(大) C-SPYデバッガ
最終更新日 2016-02-08

質問内容

TN26068: cspybat.exe を使用したコマンドラインデバッグ

回答内容

対象:すべて
コンポーネント:デバッガ
公開日:2011年04月01日午前11時52分

 

概要
いくつかのケースで、cspybat.exe を使用したアプリケーションのダウンロード、デバッグが、 IAR Embedded Workbench から行った場合は成功しているにもかかわらず、失敗します。

 

問題の理由
cspy.bat ファイルと IDE の設定に違いがあります。

 

解決策
正しい cspy.bat ファイルを作成するには、以下のようにします。

1. <project directory>\settings の *.bat ファイルを削除します。
2. IDE を使用してアプリケーションをビルドしてデバッグします。
3. <project directory>\settings に移動して <project>.cspy.bat ファイルが作成されているからどうか確認します。
いくつかの IAR Embedded Workbench のバージョンは、作成された cspy.bat に手を入れる必要がありますので、ファイルの中のコメントをチェックしてください。またいくつかの IAR Embedded Workbench のバージョンは、コマンドファイルオプションを含む <project>.driver.xcl と<project>.general.xcl ファイルを作ります。
4. コマンドプロンプトから <project directory>\settings に移動し

<project>.cspy.bat <path to output file>

を実行します。

ARM用 IAR Embedded Workbench の GettingStarted プロジェクトのシンタックスは、

GettingStarted.cspy.bat  "..\Flash Debug\Exe\GettingStarted.out"

です。

 

ドキュメント
CSpybat のドキュメントは IAR Embedded Workbench マニュアルの中にあります。場所は、バージョンにより、
1. ヘルプメニュー > C-SPY デバックガイド、または、IDEプロジェクト管理およびビルドガイドの 'C-SPY コマンドラインユーティリティー cspybat'.
2. インストールフォルダにある、 別の pdf ファイル。
3. インストールフォルダにある、 html ファイル。

 

全ての製品の名前は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

参考資料URL