カスタマーサポートセンター

FAQ~よくある質問~ | FAQマスタ詳細表示

FAQ詳細情報

ID 10810915
FAQカテゴリ(大) ライセンス/インストールなど
最終更新日 2016-01-01

質問内容

TN93689: ネットワークライセンスのピーク使用率

回答内容

ターゲット:  全て 
コンポーネント  ライセンス
公開  2014/07/10 10:38 

 

概要
このテクニカルノートは、IAR System の License Management System version 2 (LMS2) に適用されます。

 

適用されるバージョン
このテクニカルノートでは、表の製品のバージョン (またはそれ以降) をカバーしています。

 

製品  バージョン   製品  バージョン 製品  バージョン 製品  バージョン
8051  8.11    V850 3.81    RL78  1.20    RX  2.40
430   5.51    R32C 1.40   78K   4.80      ARM 6.50
AVR   6.20    STM8 1.40    RH850 1.10     CR16C 3.20
M16C  3.60    AVR32 4.20  SH   2.30    visualSTATE  7.2
HCS12 4.10             

 

必要な情報
ログファイルから特定の期間のライセンスコンポーネントのピーク時の使用率を判断する必要があります。これはライセンスの使用効率を決定することができます。このテクニカルノートでは、ユーザーはサーバー上のログ ファイルを生成するのに精通していることを前提としています。そうでない場合は、インストールディレクトリの common\doc\ フォルダーのライセンス ガイドを参照してください。

 

解決策
サーバーから logfile.txt を取得したら、これを Microsoft Excel で開きたくなります。ログファイルを最初に開くと、Excel はテキストインポートウィザードを起動します。ログ ファイルをインポートする区切りファイルの種類を選択します。スペースを使用して列を分離できます。インポートウィザードの 、2 番目の画面の「スペース」を確認してください。

ログファイルを excel で開くと、列「A」に、"2" または "#" が含まれていることが分かります。「#」を含む行は、サーバーの起動 / シャットダウンを表し、ファイルから削除する必要があります。この後、"J" の列をアルファベット順に整理します。これは、関連するコンポーネントをグラフ化することにより、それぞれのコンポーネントでファイルが整理されます。

最後の手順は、データをグラフ化することです。グラフに関連するデータを含む列は、列 "M"です。これは Numkeys フィールドで、チェックアウト、リリース、取得したライセンスの合計数がわかります。Numkeys を、従属変数軸に使用することをお勧めします。

一般的なユースケースは、特定の日の M の最大値を決定し、1 週間に対してグラフを描くことかも知れません。これは、使用可能なライセンスの最大数に近づいている曜日を決定することを、手助けすることができます。

 

Images from the Excel Import Wizard.pdf 」を参照してください。

 

全ての製品の名前は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。


参考資料URL